記事の詳細

阿含宗九州本部では、1月に星まつりに対する護摩法要が行われます。これは、星まつりにおいて祈念することで受験合格、智慧無尽を目指すものです。特に受験生にとっては、合格祈願は大変重要なものですので、信徒であってもそうでなくてもたくさんの人が訪れます。

九州本部においては、「釈迦山 文殊菩薩祭 護摩法要」が阿含宗僧侶を導師として奉修されます。当日は、午前11時から一般参拝者に「凖胝如来一印明」という授与が行われます。午後1時から日頃より守ってくれる文殊菩薩のご加護に感謝して行うものです。目指すところは受験合格や日々の智慧獲得などを祈ることです。

星まつりの成功を目指したこの護摩法要に対し、参拝者は一身に祈りを捧げます。星まつりフォーラムでの法話などをビデオにて学習したり、クイズ形式の教学勉強会が行われ、星まつりへの理解も深めます。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る